ホーム製品情報先端材料 > センサー

センサー

NOTORP

溶融アルミニウム用水素濃度測定装置
NOTORP KYHS-A2

 

鋳造時に製品歩留を左右するのが、溶融金属中に溶け込んでいる「ガス」です。
溶融金属中にガスが多いまま鋳造すると、溶け込んだガスが金属の中に残り、ピンホールなどの欠陥になってしまいます。
アルミニウムの場合、溶け込んでいるガスのほとんどが水素ガスです。 より高品位なアルミニウム製品が求められている今、溶融アルミニウム中の水素ガス量の管理がいっそう重要視されています。
NOTORPは溶融アルミニウム中の水素ガス濃度をリアルタイム、連続で測定することが可能なセラミックスセンサです。

 

イメージ:NOTORP KYHS-A2

溶融銅用水素・酸素濃度測定装置
NOTORP CS-1

 

溶融金属中に溶け込んでいる「ガス」が、鋳造時の製品歩留を左右します。
溶融金属中にガスが多いまま鋳造すると、溶け込んだガスが金属の中に残り、ピンホールなどの欠陥になってしまいます。
銅の場合は、水素ガス、酸素ガスが溶け込んでいる事が多く、それぞれのガス量を測定するニーズは高まってきています。
NOTORP CS-1は短時間で溶融銅中の水素ガス、酸素ガス量を測定する、スポット測定式のセンサです。

 

イメージ:NOTORP CS-1